ラミクタールが有効な症状

ラミクタールはてんかん発作の治療薬として処方されています。他のてんかん治療薬と併用することで、単体の治療薬では抑えることができないてんかん発作に対して働きかけるものです。
てんかん発作以外にラミクタールが有効となるのは鬱の治療です。作用機序はまだ明らかになっていませんが、鬱症状が改善することが臨床で示されています。うつ病の治療に用いられるほか、双極性障害の治療にも用いられます。双極性障害は躁状態と鬱状態を交互に繰り返す病気で、ラミクタールはその症状のうちとくに鬱状態を改善します。単体の投与では気分が上がりすぎて躁状態が悪化することがあるので、他の気分安定薬とともに服用する場合も少なくありません。とくにデパケンとの併用が多いです。これは、ラミクタールとデパケンを併用することによりラミクタールの半減期が倍になり、体内で長時間効果を保つという点によります。デパケンはどちらかというと躁状態に効果がある薬剤ですので、効果のうえでもちょうどバランスがとりやすいです。双極性障害の鬱状態に効果的な薬として代表的なのがリ-マスですが、これはリチウムを用いた薬剤ですので、体内濃度が上がりすぎると副作用が強く、また、飲み合わせにも厳重な注意が必要です。ラミクタールも副作用が少ない薬というわけではありませんが、リーマスに比べると用いやすい薬だといえます。
さらにラミクタールは認知症の治療でも効果を示しています。うつ状態を改善してくれるほか、認知を改善する効果をもつ薬なので、認知章特有の幻覚が抑えられるという効能もあります。
以上のようにさまざまな症状に有効であるラミクタールですが、即効性がある薬剤ではなく、飲み始めてから効果が出始めるまでには一定の時間がかかります。定期的に飲み続けることで脳の状態を変え、ひいては精神状態を安定させる薬だといえます。